金山寺味噌について


MENU
トップページ
醤油の由来
お味噌のお話

金山寺味噌は、鎌倉時代、宋の国、

径山寺(きんざんじ)にての修行を終え

帰国した法燈国師によって紀州湯浅に

伝えられ、その後、気候や水が適して

いた事もあり湯浅を中心にして作られ

始め、現在に至っています。

現在では和歌山を代表する特産物とし

て高い評価を受けています。

紀州金山寺味噌は、米・麦・大豆のほ

かに、瓜・しそ・生姜・なすび等の野

菜を加えて醸造する事により他の地域

の金山寺味噌とは異なる独特の風味と

栄養価が特徴です。

金山寺味噌は、おかず味噌として、

あったかいご飯やお茶漬けなどといっ

しょに召し上がって下さい。

甘さを控え、麹そのものの風味を大事

にしておりますので、砂糖などで甘み

をつけたものになじまれておられる方

には最初は辛いように思われるかもし

れませんが、おかず味噌としてお使い

頂いた時ちょうど良いようになってお

ります。

砂糖などで甘みを付けますと最初の口

当たりは良いのですが、食べていると

少ししつこく感じたり、何か物足りな

く感じる事が多いようです。

御家庭用の他に、御贈答用もございます。