戻る▲

特別編>


旬のお料理


旬のレシピ(春) 柏餅(かしわもち)

5月5日は端午の節句

家族みんなで柏餅を作ってみましょう

-用意するもの-

 柏の葉16枚、上新粉240g、片栗粉大さじ4、砂糖大さじ5、

 こしあんまたはつぶあん500g、熱湯1カップ弱(180cc程)

-作り方-

 下準備 柏の葉はよくすすいで汚れを取っておきます。乾燥葉の場合は10分ほどゆでた後

     水にしばらくつけ、水気を切っておきます。

 @ボールに上新粉を入れ、熱湯を少しずつ加えながらもみ込みながら耳たぶ程度の固さに

  なるまでこねる。

 A蒸し器にかたく絞ったふきんを敷き、@を一握り分つくくらいに小分けして重ならない

  ように並べ20分強火で蒸す。

 B蒸しあがったAをすり鉢に移し、砂糖大5、片栗粉大を、水大3で溶いたものを加えなが

  らすりこ木で突き滑らかになるまで手でこねる。

 CBを16等分にして、直径10cm程度にのばす。

 DCにあんをのせ包む。あんこがはみ出ないように注意しましょう。

 E蒸し器にかたく絞ったふきんを敷き、Dを並べ強火で7分ほど蒸し上げる。

 F蒸しあがったら、柏の葉で包んで完成。


いんげんのごまあえ
-用意するもの-

 さやいんげん200g、砂糖大さじ2、油大さじ1、醤油大さじ2、ごま大さじ6、塩少々

-作り方-

 @さやいんげんの筋を取り、沸騰したお湯に塩を少々加え2〜3分ゆでる。

 A@の水気を切って食べやすい長さに切っておく。

 Bごまを焦がさないように炒り、熱いうちにすり鉢に移し、する。ごまが良くすれたら、

  砂糖大2・油大1・醤油大2を入れ、さらにすり鉢でする。

 CBに@のさやいんげんを入れて、あえる。


きんぴら
-用意するもの-

 ごぼう150g、にんじん50g、赤唐辛子1本、酒大さじ1、砂糖大さじ1.5、

 醤油大さじ2、みりん大さじ1、油大さじ2

-作り方-

 @ごぼうは皮をそぎ、長さ4cm程度で細切にして水にさらしてアクを抜き、ざるに上げて

  水気をきる。

 Aにんじんもごぼうと同じく、4cm程度の細切。

 B鍋に油を入れ、ごぼうをしっかりと炒め、その後にんじんを加え炒める。

 CBにヘタと種を取り除き小口切りにした赤唐辛子、酒大1、砂糖大1.5、醤油大2、

  みりん大1を加え、煮汁が無くなるまで炒める。

 Dお皿に盛り付け完成。


さばのみそ煮
-用意するもの-

 さば4切れ、出し汁(200cc)、しょうが少々、酒大さじ4、みそ大さじ5、

 砂糖大さじ2、醤油大さじ1

-作り方-

 @鍋に出し汁(100cc)、酒大4、細切りにしたしょうがを入れ、煮立てる。

 A@にさばの皮に十字に包丁を入れ、皮を上にして鍋に入れ2〜3分煮る。

 B残りの出し汁(100cc)にみそ大5を溶かし入れ、砂糖大2、醤油大1を合わせて

  鍋に加え、煮汁をさばの皮に掛けながら7〜8分煮る。

 Cお皿に盛り付け完成。

さばはひっくり返したりしないで、そのまま煮込みます。


さばのみそ漬け

-用意するもの-

 さば4切れ、みそ床(蔵出し味噌100g、白荒みそ300g、みりん大2、砂糖大1)、塩、酒 各少々

-作り方-

 @さばに薄く塩をふり、1時間ほど置いた後、酒で塩を洗う。

 Aみそ床用の材料を混ぜ合わせる

 BAの半分を容器にひき、ガーゼをしいて@のさばをのせ、その上にガーゼをかぶせ、残りのAを上から塗る。

 CBを冷蔵庫にて1日寝かす。

 DCを取り出し、焦がさないように焼いて完成。

※ラップにみそを塗りその上にガーゼに包んださばを入れて包んでも良い。

 この場合、きちんとみそ床が行き渡っているか確認してください。


筑前煮(ちくぜんに)

-用意するもの-

 とりもも200g、にんじん1/2、筍(または、筍水煮)100g、ごぼう50g、

 れんこん100g、えんどう豆12枚程度、干し椎茸4枚、こんにゃく1/2、塩、酒、

 ごま油 少々

 だし汁200cc、砂糖大さじ3、酒大さじ2、醤油大さじ3、みりん大さじ2

-作り方-

 〈下ごしらえ〉

  干し椎茸・・・・・水で戻す(もどし汁は後で使うのでとって置く)

  こんにゃく・・・・一口大に手でちぎり、塩を振ってよくもんで水洗いの上、

           ゆでてあく抜き

  にんじん・筍・・・乱切り

  ごぼう・・・・・・皮をそいで、乱切りにした後、薄めた酢水にて5分さらして

           あく抜きして水気を切っておく

  れんこん・・・・・皮をむき、乱切りにして、5分薄めた酢水にてアクを抜き、

           水気を切っておく

  とりもも・・・・・一口大に切って酒をふりかけ軽くもんでおく

  えんどう豆・・・・筋を取り、塩を少し入れたお湯で軽くゆでで、冷水に入れ冷まして

           水気を切る
材料は同じ大きさに揃えておくと、火の通りが同じタイミングで出来ます

 @鍋にごま油を入れて熱し、ごぼう、れんこん、にんじん、こんにゃく、筍と順番に入れて

  ゆき、強火で炒め、野菜に油がなじんだら、椎茸ととりももを鍋に入れ、さらに炒める。

 Aとりももが白くなってきたら、椎茸のもどし汁100cc、だし汁200ccを加え

  中火に、煮立ってきたらアクをすくい、砂糖大3、酒大2を加え、10分煮込んだのち、

  醤油大3を加えて鍋に落し蓋をしてさらに煮込む。

 B煮汁が半分になったら、強火にして、みりん大2をくわえる。

  最後にえんどう豆を加えて完成。


まぐろとわけぎのぬた

-用意するもの-

 まぐろ(刺身用)250g、塩小1、酢大2、生わかめ80g、わけぎ8本、

 A[白味噌大さじ1.5、砂糖大さじ1.5、酢大さじ1.5、だし汁大さじ1.5

   練りからし小さじ1程度] 

 別途酢洗い用に酢少々

-作り方-

 @まぐろを1cm厚に切り、塩を振る。30分置いた後、酢で洗う(酢洗い)。

 Aわかめは洗って、沸騰したお湯にさっとくぐらせ、2cm程度に切る。

 Bわけぎは熱湯でさっとゆでて冷水にとり冷まして、包丁の背でぬめりをこそげ取り

  2cmに切る。

 CAの材料を容器に入れ、よく混ぜ合わせ、まぐろ、わかめ、わけぎをいれて完成。


豚肉とこんにゃくのみそ煮

-用意するもの-

 豚バラ肉600g、昆布40cm、こんにゃく1枚、白味噌大さじ4、砂糖大さじ2、

 酒100cc、しょうが1かけ、ネギの青い部分2本分、醤油大さじ3

-作り方-

 @豚バラ肉のかたまりを5cm程度の角切にして、熱湯をかけて洗い、しょうがとネギを

  加え1時間ほど煮る。

 A昆布を200ccの水に浸しておく。

 Bこんにゃくを一口大にちぎって、軽くゆでる。

 C鍋に@、A、BとAの昆布のもどし汁、酒100cc、醤油大1.5、しょうがのうす切り

  少々と水を加えて弱火で30分煮込む。

 D白味噌大4、砂糖大2を加えさらに20分煮込み、最後に醤油1.5を加えて仕上げる。


ぶりの照り焼き

-用意するもの-

 ぶり4切、A(酒大さじ1、醤油大さじ2、みりん大さじ1)、塩少々

-作り方-

 @ぶりにごく軽く塩を振り、10分おく、水気をふきとる

 Aつけ汁Aの材料を合わせ、@のぶりを入れて15分つけおく

  (味が均等になるように途中でぶりを返す)

 B魚焼コンロの受け皿に、しわをつけたアルミホイルを敷き、ペーパータオルで水気を

  きったAのぶりを入れ、上からアルミホイルをのせ、7〜8分焼く。

 Cぶりにほぼ火が通ったら、つけ汁をぶりにぬり、焦げないように乾かす程度に焼く、

  これを3回繰り返し完成。


とりの竜田揚げ

-用意するもの-

 とりむね肉2枚、しょうが汁小さじ2、醤油大さじ2、みりん小さじ2、酒小さじ2、

 片栗粉

-作り方-

 @とりむね肉の皮目にフォークで突いて穴をあけて、一口大に削ぎ切りに切る。

 Aボールにしょうが汁小2、醤油大2、みりん小2、酒小2を入れとりむね肉を入れ、

  よくもみこんで10分置く。

 BペーパータオルでAのとりもも肉の汁気をとり、片栗粉をまぶしつけ、

  180℃の油で揚げる。


戻る▲

このページはリンクフリーです。

ホームページの内容及び画像等の無断転載お断り致します