MENU


トップページ
紀州金山寺味噌
お味噌のお話
興国寺について

湯浅醤油の由来

湯浅醤油 紀州湯浅は日本の醤油の発祥地として、

永い歴史があります

建長年間、法燈国師(ほうとうこくし)が宋の国の径山寺(きんざんじ)にて修行の折、食事に出された味噌の味を大変気に入り、修行のかたわら、同寺の僧侶よりその製法を学んで帰国し、湯浅の地にて広め、この味噌を修行したお寺にちなんで径山寺味噌(後の金山寺味噌)と名付けました。

この金山寺味噌の製造の際、樽底に溜まった液汁が大変に美味であるという事で調味料として利用され始めたのが我が国における醤油の起源であり、湯浅醤油の起源です。

溜(たまり)という言葉はここから生まれたのです。

湯浅の気候風土水質が醤油の醸造に極めて適していた事から、醤油の醸造が本格的に始められ、江戸時代に入っては、紀州徳川家の保護を受け湯浅醤油が育ち、今日に至っております。

本物が見直されている現在、この醤油の発祥の地で代々八代に渡りこつこつと湯浅醤油を作りつづけてきた老舗として、素材を吟味して、じっくりと熟成された小原久吉商店の「湯浅醤油」の醤油本来の風味と旨みは、高い評価を受けています。


Copyright (C) 2005 Ohara Hisakichi Corporation. All Rights Reserved.